結婚式前に素敵なロケーションで思い出に残る写真を撮りませんか?

Sweets Are Forever

素敵なロケーションで結婚式の写真

誓いの指輪

結婚写真は東京で撮りましょう!』
ここでは、お客様のことしっかりとくみ取ってくれるので、お任せするとロケーションや撮影時の瞬間を逃さず、撮ってくれるのです!結婚写真以外のも動画やスナップ写真なども行っており、東京では人気になっているのです!


結婚式の前撮りは写真館で撮るのが定番ですが、最近は公園や景色の美しい庭園などでロケーションフォトなども人気ですね。ロケーションフォトは写真館での記念用”よそ行き顔”と比べてナチュラルな表情を撮ってもらえるのと、自然光の中でカメラマンと相談や要望などを伝えながら野外での撮影は写真館とはまた違った表情、ドレスの色味や素材感が楽しめますのでお勧めです!
ちなみに私は美しいビーチで結婚式前に1時間のロケーションフォト・ツアーというプランを海外で経験しましたのがとても良い思い出です。カメラマンさん一人と一緒にヘアメイクとドレスの乱れを直してくださるスタッフの方が1名ついてロケーション・フォト・パッケージでした。海外のコバルト・ブルーの美しいビーチと白い砂浜での撮影は抜群のロケーションでしたが、時々吹く強風やトレーンを引くタイプのたっぷりとしたAラインドレスを着た私一人では動き回るのが大変でしたので、スタッフさんがいて本当に助かりました。
やはりビーチでの撮影は長いドレスよりもショート丈、もしくはパニエを減らす等工夫が必要だと感じましたが、写真の出来上がりはとても満足のいくものでした。最近はロケーションフォトに力を入れているスタジオも沢山ありますし、ヘアメイク・スタッフ付きのパッケージプランなどもあり、結婚式の前撮りは金額も様々ですのでホームページを見たり、ネットで募集する方法もあります。

結婚式の写真は体力勝負!

結婚が決まり、和装と洋装どちらでやるか考えつつ結婚式場探しをしていたところ、素敵なチャペルを見つけてしまい、洋装で式をやることなりました。でも、私達は絶対和装の方が似合う!と思っていた私は写真だけでも撮りたいなあと思っていました。丁度両家の母親の希望もあり、スタジオ写真で和装を撮ることになりました。文金高島田で角隠しや綿帽子を被った和装が母親達のご希望で、私は最近多い和装で洋髪もやってみたかったのですが諦めました。
白無垢と、色打掛、文金高島田で角隠しと綿帽子、とにかく重くて大変でした。夫の準備はあっという間でしたが、私はメイクと着付けで1時間はかかりました。その後バックの素材を変えたり、いろんなポーズを撮ったりと2時間以上。本当に式は和装にしなくて良かったと思いました。あの格好で、いろんな所へ移動して、式と披露宴を乗り切れるとは思えませんでした。なので、結婚式の前撮りのスタジオ写真として和装を撮って良かったです。素敵な仕上がりになり、両親もとても喜んでいました。
後日、結婚式当日はドレスに着替えて式が始まる前に写真撮影がありました。会場のあちこちに移動しての撮影で、重いドレスとヒールの高い靴、ロングベールを持ちながら移動しながら2時間、、式前にかなりの体力消耗でした。途中うまく笑えていなかったかもしれませんが、二人にとって忘れられない思い出の写真が残せました。

親子三代の結婚写真

母の結婚式は自宅で挙式の白黒写真でした。私の結婚式は、結婚式場で挙式のカラーと白黒の写真があります。娘の結婚式は、結婚式場で挙式のカラー写真でした。しかも娘の衣装替えの度に写真を撮っています。「前撮り」でした。母の時には、たとえ白黒でも、集合写真・ツーショット写真が残っていますので、当時としては(戦後すぐの時期)贅沢なものだったのでしょう。
私の時には、ふつうに集合写真と、ツーショット写真です。ツーショット写真が、カラーと、白黒と両方でした。娘たちには白黒写真が、時代がかっていて良いと、なぜか好評です。むろん「前撮り」などはありませんでした。娘の時には、当たり前のように「前撮り」でした。当日のバタバタのなかで、せかされて撮るのではなく、ゆっくりと撮れるので、とても良い表情をしています。一生の記念になる写真ですから、「前撮り」が私の時にあれば、きっと「前撮り」したと思います。主人はめんどくさい!と言いそうですが。
毎日見るものではないですが、正月など久しぶりに取り出してみると、なかなか良いものですね。しっかり年月を重ねている(年を取ったな)のが、良く分かりますが、それは頑張って生きてきた証ですから。

一生に一度の結婚写真を後悔しないためには前撮りを

一生に一度の結婚式。 準備や自分磨きを余念なく進めていても、 後に残る「写真」を失敗してしまっては、素敵な思い出も半減してしまいます。 結婚式の素敵な思い出を、良い状態で残せるように 結婚写真を後悔せずに撮るポイントをご紹介します。 まず大切なのは、専門業者に依頼し「前撮り」を行う事です。 その理由は、結婚式当日よりも良いコンディションでの撮影が可能だからです。 「結婚式当日の天候が悪かった」「ゲストへのおもてなしで精一杯で疲れた表情での撮影になってしまった」 「時間がおしていて、納得のいくまで撮影出来なかった」等、 写真よりも式自体に注力してしまう為、 満足の行く写真を撮る事が難しいからです。 それに引き換え「前撮り」は、写真を撮る事だけが目的の為、 他の事に気を取られる事無く、写真撮影が可能です。 次に大切なのが、業者の料金プランをしっかりと確認しておく事です。 近頃、格安の価格設定で前撮りが可能な業者が多く見られますが、 「どこまでがプラン内の金額で出来るのか」をしっかりと把握しておくことが重要です。 「衣装込の値段提示だったが、グレードの高い衣装を選んだら、追加料金を取られた」 「選べる写真は1枚のみ、データが欲しい場合は追加請求された」 等、様々なケースがあります。 一生に一度の結婚写真を満足の行く状態で残せる様、 前撮り・業者の料金プランの確認は余念なく行う事をおすすめします。

新着記事リスト

いつまでも一緒

結婚式の写真は浜辺で撮るべき

今ウェディングフォトはいろいろな場所で撮るようになってきています。昔であれば、ウェディングフォトはフォイトスタジオ内で撮るのが常識だったのですが、最近はその傾向が変わってきているのです。では、どのような場所でウェディングフォトを撮るようになってきているのでしょうか。最近は、結婚式の写真を浜辺で撮るのが人気になっています。なぜ浜辺でウェディングフォトを撮る人が増えて…

結婚式はもうすぐ

結婚式を写真で済ませる理由

結婚する時は結婚式を挙げるというのが主流でしたが、ここ数年で結婚式を挙げないでウェディングフォトで済ませてしまうという人も増えてきています。結婚写真で済ませてしまう理由はいろいろあるので実際に見ていく事にしましょう。ウェディングフォトで済ませてしまう最大の理由は経済的な問題でしょう。結婚式を挙げると約300万円はかかると言われているので経済的には大きな負担がかかっ…

ウエディングフォト

結婚式の写真はチャペルで撮る

最近は結婚式の写真をチャペルで撮る人が増えてきています。結婚式の写真を撮る人は、なぜチャペルで撮る人が多いのでしょうか。まず、チャペルでウェディングフォトを撮っていくと、派手なウェディングフォトになりやすいからです。やはり、ウェディングフォトは華があったほうが良いでしょう。だからこそ、チャペルでウェディングフォトを撮っていくのが魅力的なのです。次に、ウェデ…

ペアリング

結婚式の写真は誰に撮影してもらうか

これからウェディングフォトを撮ってもらおうと思っている人はいるでしょう。しかしお金がなくてフォトスタジオに頼むことができないということはあり得るでしょう。そのような場合には、ウェディングフォトを誰に撮ってもらえばいいのでしょうか。そのような人は、お金がかからないようなアマチュアのカメラマンに撮ってもらえばいいでしょう。アマチュアのカメラマンでもレベルは最近高くなっ…